乱雑読書メモ+散歩+なんか

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外

『クリスマスに少女は還る』

ちと長かったけど面白かった。
少女は還るね・・・・。そう還るね。
原題は「囮の子」だそう。
あまりにも的確なタイトル。翻訳のタイトルの方が雰囲気ある。

さらわれた二人の少女と15年前に双子の妹が殺された刑事ルージュ、心理学者のアリ。
登場人物が多くて大変だったけど諦めなくて良かった!
野球のシーンが印象的。


クリスマスに少女は還る (創元推理文庫)クリスマスに少女は還る (創元推理文庫)
(1999/09)
キャロル オコンネル

商品詳細を見る




スポンサーサイト

散歩・外出

小田原城と海

先日行った小田原城にはなんだか不思議なお人たちが。
忍者か?!格好良くポーズを付けて写真を取っておられました。
コスプレの城(さすがに中には入れないみたい)となっていてお城より興味津々で見てしまった。

海まで歩いてかまぼこ買って満喫。
海は良いなー。広いなー。大きいなー。
行き当たりばったりに行き先を決めた無計画な旅の割に大満足な1日でした。


この何日か指先がすり切れたようにぴりぴりして生活全般が非常に不便。早く治ってほしいなー。

201203251546000.jpg


海外

『ディーン牧師の事件簿』

表紙の二重あごのおじいはかわいいなー。
引退した牧師ディーン先生が不可能犯罪を見事に解決。
現代の作品なのになんだかクラシカルで好きだ。

謎解きやトリック、伏線などは取って付けたようだが楽しめた。
ディーン先生の感傷がしんみりしていい。

短編が6つ。
特にお気に入りと言えるのはないがディーン先生のキャラがお気に入り。

ディーン牧師の事件簿 (創元推理文庫)ディーン牧師の事件簿 (創元推理文庫)
(2011/01/08)
ハル・ホワイト

商品詳細を見る

国内

『悪の教典』

むぅー。これは面白いのか?!
烏の件がもっと重厚なら良かったのに。

完全にしりすぼまり。中だるみ感がもう嫌になるほど。
半分の長さでも同程度のモノがかけたんじゃないのか?!
軽く読みたい人かゲーム好きは楽しめるのか。
一昔前の読み始めたら止まらないみたいな読みやすさでスラスラ読めるが印象はほんとに薄い。

表紙は好き。

悪の教典悪の教典
(2011/11)
貴志 祐介

商品詳細を見る




読書(ミステリ関連)

『八一三号車室にて』

短編が26
ミステリー編とパズラー編にわかれて。
面白かったー!

お気に入り

「犬と頭は使いよう」
犬は大切にしよう。

「ひとり遊び」
奇妙な目覚め。思いの外時間が。

「フォードの呪い」
フォードに追いつめられて。逃げ切れるのか?!

他にも不気味だったり本格物やホラーなどなど楽しめた。
パズラー編のトリックなんですごいのばかりで感心する。


八一三号車室にて八一三号車室にて
(2008/09)
アーサー ポージス

商品詳細を見る

海外

『ナイン・テイラーズ』

長かった。読むのに疲れた。
もう教区長うっとうしいし。
転座鳴鐘術ってなんだー。

墓地に埋められていた顔を潰され両手を切断された死体、いったい誰だ。
昔のエメラルド盗難事件や暗号、記憶喪失、従僕バンターの動揺やらなんやかやで面白かった。
ラスト数ページはやっとか!という思いで読んだが今年?去年?の除夜の鐘事件?!が頭をよぎってちょっと自分が残念だった。

ナイン・テイラーズ (創元推理文庫)ナイン・テイラーズ (創元推理文庫)
(1998/02)
ドロシー・L. セイヤーズ

商品詳細を見る


海外

『レディ・モリーの事件簿』

探偵役はミステリ史上初の女性警察官探偵レディ・モリー。
短編が11。

けっこう駆け足気味で話が進む割に助手のメアリーのレディ・モリー崇拝がちょっと気持ち悪くなるがあっさりすっきり。
変装や時計の仕掛けや遺産がらみと楽しめた。

こんなに女性が活躍している小説なのに最後はやっぱり・・・。

レディ・モリーの事件簿―ホームズのライヴァルたち (論創海外ミステリ)レディ・モリーの事件簿―ホームズのライヴァルたち (論創海外ミステリ)
(2006/03)
バロネス オルツィ

商品詳細を見る

散歩・外出

演奏会

アレクサンドル メルニコフ ピアノ・リサイタル
浜離宮朝日ホールにて

D.ショスタコーヴィチ 24の前奏曲とフーガ 作品87(全曲)

13時開演2回の休憩はさんで16時すぎ終演の長丁場。
背中と腰が痛くなったけど聴けて良かった。
初めは眠くなったけどコーヒーのおかげか(!)演奏の素晴らしさか眼が冴え澄んだ音が心地よかった。

久しぶりの演奏会、やっぱり良かった。
下手側で良かったけどもうちょっと前の列が良かったなー。
浜離宮朝日ホールには初めていったがこじんまりしていて居心地が良かった。

海外

『卵をめぐる祖父の戦争』

ん!?何かが違う。なぜポケミスから?
話は面白いし、続きも気になりすらすら読めたが求めていた物と違った。
評判が良かったからか完全にミステリーもしくはサスペンスと思い込んでいたからか・・。
 
2週間くらい「クソ」が出ていない人は感動を味わえるかも^^
どんな場面よりもあの「クソ」は興味有り。


卵をめぐる祖父の戦争 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1838)卵をめぐる祖父の戦争 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1838)
(2010/08/06)
デイヴィッド・ベニオフ

商品詳細を見る




国内

『火村先生に捧げる犯罪』

何だか久しぶりに読んだ。
アリスはアリスだったけど前に読んだのは探偵は誰だったかな。

短編?8つ。
携帯サイト向けだからかあっさりあっさり。
ずっしりくる感じはないのでスラスラ読めて良かった。
タイトルがどれも素敵で期待したが犯人はいまひとつ。

鸚鵡の話が面白かった。

火村英生に捧げる犯罪火村英生に捧げる犯罪
(2008/09/25)
有栖川 有栖

商品詳細を見る

プロフィール

semicolon?

Author:semicolon?
どうも。
すぐお腹壊します。

その他
楽天で探す
楽天市場
検索フォーム

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。