乱雑読書メモ+散歩+なんか

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外

『ディーン牧師の事件簿』

表紙の二重あごのおじいはかわいいなー。
引退した牧師ディーン先生が不可能犯罪を見事に解決。
現代の作品なのになんだかクラシカルで好きだ。

謎解きやトリック、伏線などは取って付けたようだが楽しめた。
ディーン先生の感傷がしんみりしていい。

短編が6つ。
特にお気に入りと言えるのはないがディーン先生のキャラがお気に入り。

ディーン牧師の事件簿 (創元推理文庫)ディーン牧師の事件簿 (創元推理文庫)
(2011/01/08)
ハル・ホワイト

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Comment

No title

ミステリとしては弱いけど小説としては面白いということですね。

うーん、手を出すかどうかは微妙……。

ポール・ブリッツさん。

一瞬の閃き!で解決なので解りやすすぎの感はありますが、
きっと続編が出たら読むと思います^^
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

semicolon?

Author:semicolon?
どうも。
すぐお腹壊します。

その他
楽天で探す
楽天市場
検索フォーム

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。