乱雑読書メモ+散歩+なんか

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外

『クリスマスに少女は還る』

ちと長かったけど面白かった。
少女は還るね・・・・。そう還るね。
原題は「囮の子」だそう。
あまりにも的確なタイトル。翻訳のタイトルの方が雰囲気ある。

さらわれた二人の少女と15年前に双子の妹が殺された刑事ルージュ、心理学者のアリ。
登場人物が多くて大変だったけど諦めなくて良かった!
野球のシーンが印象的。


クリスマスに少女は還る (創元推理文庫)クリスマスに少女は還る (創元推理文庫)
(1999/09)
キャロル オコンネル

商品詳細を見る




スポンサーサイト
Comment

No title

おお、なんか微妙に懐かしい作品を読んでますね。次の『愛おしい骨』はけっこう好き嫌いが人によって出た作品でしたけれど、これは文句なしでしょう。私も好きな一冊です。

sugataさん

読みたいと思いつつ10年程たってしまったようです。
次の『愛おしい骨』も気になってるんです。
これと同じくらい面白く感じると良いなー。
ちょっと怖いです。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Trackback

まとめ【『クリスマスに少女は】

ちと長かったけど面白かった。少女は還るね・・・・。そう還るね。原題は「囮の子」だそう。あまりにも的

まとめ【『クリスマスに少女は】

ちと長かったけど面白かった。少女は還るね・・・・。そう還るね。原題は「囮の子」だそう。あまりにも的
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

semicolon?

Author:semicolon?
どうも。
すぐお腹壊します。

その他
楽天で探す
楽天市場
検索フォーム

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。