乱雑読書メモ+散歩+なんか

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内

『奇術探偵曾我佳城全集 戯の巻』

終わってしまった。

探偵小説というと少し違うけど凝っていて面白かった。

作品の順番が変更されているそうで
ん?となるのもあるがリアルタイムでゆっくりと読みたかったな。
主人公もいいけど、脇役もおもしろい。

20年で新しい奇術師が育っていた。

ラストの「魔術城落成」は急に雰囲気が変わって驚いた。
佳城さーん。

佳城とは
《墓を堅固な城にたとえていったもの》墓。墓地。
という意味だそう。

奇術探偵 曾我佳城全集 戯の巻 (講談社文庫)奇術探偵 曾我佳城全集 戯の巻 (講談社文庫)
(2003/06/13)
泡坂 妻夫

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

semicolon?

Author:semicolon?
どうも。
すぐお腹壊します。

その他
楽天で探す
楽天市場
検索フォーム

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。