乱雑読書メモ+散歩+なんか

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内

『日本推理作家協会賞 受賞作全集2』

短編集
木々高太郎、香山滋、山田風太郎、
大坪砂男、水谷準

面白かったー。
こういう雰囲気は馴染みがあっていい。

「新月」木々高太郎
 純文学みたいで淡い心理が渋い。

「海鰻荘奇談」香山滋
 これ好きだ。幻想楽園か。物凄い復讐VS物凄い復讐。

「眼中の悪魔」山田風太郎
 再読。人間心理を操る。好きだな。

「虚像淫楽」山田風太郎
 再読。妖しい関係が素敵だ。義弟の心変りがいい。

「死刑(リンチ)」大坪砂男
 サスペンス。仁義なきどたばたが面白い。

「ある決闘」水谷準
 最後が何かあると思わせてくれるのがわくわくした。

短編はなかなか読む機会が少ないから楽しめた。
推理小説かどうかは微妙だけどこういうのがもっと読みたい。

日本推理作家協会賞受賞作全集 (2) (双葉文庫)日本推理作家協会賞受賞作全集 (2) (双葉文庫)
(1995/05)
木々 高太郎

商品詳細を見る




スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

semicolon?

Author:semicolon?
どうも。
すぐお腹壊します。

その他
楽天で探す
楽天市場
検索フォーム

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。