乱雑読書メモ+散歩+なんか

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書(小説)

『獣人』

すごーく面白かった。
犯罪を目撃した機関士と犯人とその妻の話。
他の登場人物も主役級。
探偵小説なら上巻だけでも十分。
下巻まであるのは余計かと思ったけど
全く違った。読んで良かった。

登場人物の殆どが犯罪を為す、すごい本。
しかも社会的には裁かれない。
面白いな。
獣みたいな欲望をさらけ出すって言ってもすごく人間らしい。
獣の方がもっとシンプルで良い気がする。

《ルーゴン=マカール》叢書のなかの一遍。
一家族の五代に亘る物語だそう。
興味深い人物がいっぱいだし読みたいな。


獣人 (上巻) (岩波文庫)

獣人 (下巻) (岩波文庫)

旧仮名遣い結構すんなり読めた自分に驚きを感じた。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

semicolon?

Author:semicolon?
どうも。
すぐお腹壊します。

その他
楽天で探す
楽天市場
検索フォーム

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。