乱雑読書メモ+散歩+なんか

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外

『悪魔に食われろ青尾蠅』

不気味な感覚で面白かった。
しかし、非常にとっつきにくかったー。

妄想と夢と現実をぐわんと地滑りして見た感じだ。
少し不思議なミステリー?
結局は解決しない無間地獄。

スフィンクスとか悪童日記を思い出した。

今となっては古臭い内容だが
心理描写は怖さを煽る。

電気治療は怖い。
エグイ痛みと落ち着いた客観性の対比が不気味。

少し読むのに時間かけすぎてぼんやりしたまま終了してしまった。

悪魔に食われろ青尾蠅 (Shoeisha・mystery)悪魔に食われろ青尾蠅 (Shoeisha・mystery)
(1999/10)
ジョン・フランクリン バーディン

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

semicolon?

Author:semicolon?
どうも。
すぐお腹壊します。

その他
楽天で探す
楽天市場
検索フォーム

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。