乱雑読書メモ+散歩+なんか

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散歩・外出

演奏会

日本フィル定期演奏会。
サントリーホールにて。

w・シューマン:アメリカ祝典序曲
ライヒ:管楽器、弦楽器とキーボードのためのヴァリエーション
ストラヴィンスキー:バレエ音楽《春の祭典》
指揮:シズオ・Z・クワハラ

春の祭典を聞けた事がとても良かった!
1年分のチケットが届くので、メルマガもHPもほぼ見ず何が演奏されるか知らないまま会場に出かける私はあまりの嬉しさに奥歯を噛み締めた。


2曲目、ライヒ作曲のは堅い頭の私にはいまいち馴染めず。
クラシックを聞きに行って電子オルガンが流れたらそれはそれで違和感ありまくり。
インストロメンタルとかアルファー波の調べ?!やせせらぎ音楽、まーCDを聞いているみたいで山や川、渓谷をイメージし、いい気分になったから良いか。

クラリネットと打楽器が良かった。
赤江瀑のニジンスキーの手また読もうかな。
手記のほうがいいか・・・。
そんな事を考えてたら終わってしまった。
良い時間を過ごせました。



スポンサーサイト
Comment

赤江瀑のニジンスキーの手

「ニジンスキーの手」は30年ぐらい前に読みました。けれども、semicolon?さんが、またお読みになろうとお考えになった文脈にまったく見当がつきません。よかったら、教えてください。

「春の祭典」、いいですね。CDで聴いてみようかと思いました。

キヨハラさん

私の勝手な連想で、バレエ音楽「春の祭典」の振り付け=ニジンスキーから以前読んだことのある山岸凉子「牧神の午後」赤江瀑「ニジンスキーの手」が浮かびました。両方ともニジンスキーがモチーフの作品だったような。その二つの作品のイメージから舞踏・妖艶、暗黒、土方巽、夏木マリ、などが浮かび後は飛躍し過ぎたいろいろです。私にとってイメージが浮かびやすい曲だったのかな?

ご回答ありがとうございます。

ニジンスキーが春の祭典を振付けていたということだったのですね。
様々なイメージが浮かぶ豊かな引き出しを持っていらっしゃって、うらやましいです。

Re: ご回答ありがとうございます。

> 様々なイメージが浮かぶ豊かな引き出しを持っていらっしゃって、うらやましいです。

音楽に集中すると寝てしまいます・・・。
何しに行ってるんだか。わはは。
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

semicolon?

Author:semicolon?
どうも。
すぐお腹壊します。

その他
楽天で探す
楽天市場
検索フォーム

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。