乱雑読書メモ+散歩+なんか

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書(小説)

『虐殺器官』

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
(2010/02/10)
伊藤 計劃

商品詳細を見る

タイトルと表紙に惹かれて。
評価が高いようで期待して読んだ。

面白かった。
内容は深いようだが、主人公にリアリティがないのでイマイチ伝わらない。
哲学チック、SFチックで軽やか。


全く関係ないが乱歩の「偉大なる夢」を連想した。

スポンサーサイト
Comment

No title

これ面白かったですね。

思わず作者に嫉妬(^^)

でもオチのつけかたは逃げだと思うぞ。


ところで、相互リンクしません? よかったらですが。

ポール・ブリッツさん

戦闘ゲームなどの素養がない私でもすんなり話に入り込め楽しめました。


相互リンクの件ありがとうございます。
とてもうれしいです。
さっそくリンクさせていただきます!

こんばんは☆

この作家サン、とても気になります。
さらに、面白そうですし!!
いつか挑戦したいな☆

惺さん。

面白かったですよー。
ブックカバーをかけずに読むのは勇気が要りましたが・・・。
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

semicolon?

Author:semicolon?
どうも。
すぐお腹壊します。

その他
楽天で探す
楽天市場
検索フォーム

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。