乱雑読書メモ+散歩+なんか

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外

『二壜の調味料』

面白かったー!!
数頁から長くても十数頁の短編が26編。

ずばぬけて明晰な頭脳の持ち主リンリーと肉と塩味専用調味料ナムヌモの販売員スメザーヌのシリーズが面白い。
オチがとても不気味でいい。
表題作は有名だがその続きがあったとは!
読んで良かった。

チェスマシーンの嫉妬や意外な演説のやめさせ方や殺人事件を目撃してしまった人物の意外な結末など
奇妙だし感心するし、笑えるし素晴らしい。

読んでいるうちにこの人の長編読みたいと強く思ってしまうのがもどかしい。
本当にいいとこで終わるんだよなー。

一気に読むより箸休め、口直しに読むのが全部楽しめる。

二壜の調味料 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)二壜の調味料 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
(2009/03/06)
ロード ダンセイニ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Comment

No title

ダンセイニ先生は基本的にファンタジー作家で、ミステリは余技でしたからねえ。というかこんなにミステリを書いていたんだ、ということのほうがわたしには意外でありました(^^)

とはいえ、ダンセイニ先生のファンタジーは読んだことないんですけど(汗)

若いころの荒俣宏先生が「団 精二」というペンネームで、ハワードの「コナン」シリーズなどを翻訳していたのは知る人ぞ知る事実です。ハヤカワ文庫版コナン持ってるもんね(^^)

ポール・ブリッツさん

ファンタジーというとパステルカラーのラブリーな物語が浮かんでしまい苦手意識がありますが幻想というとすんなり馴染めます。

やはり、荒俣氏!ユニークなペンネームを付けましたね。
「コナン」?初めて聞きました。
「北斗の拳」と同系統で良いのですか?

No title

「北斗の拳」よりも、「グイン・サーガ」最初の5巻と同系統な話と思っていただいたほうが(^^)

今は創元から別な訳者の訳で出ていますが、血わき肉躍る、痛快無比な作品ですよ~♪

ポール・ブリッツさん

「グイン・サーガ」もお初です・・・。
手をつけていないジャンルですが、面白そうですね。

No title

面白そうですね。超短編で傑作ってなかなかないですよね。『二壜の調味料』、覚えておきます。何かを待っているときとかに読むのに良さそうです。

それはそうと、私の失礼な間違いについて、寛大にも笑ってお許しくださり、ありがとうございます。感謝しております。

キヨハラさん

待ち時間にピッタリですよ。
たった一人の作家なのにバラエティに富んでいて良かったです。

キヨハラさんの祝い事なので本当にお気になさらずに・・。
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

semicolon?

Author:semicolon?
どうも。
すぐお腹壊します。

その他
楽天で探す
楽天市場
検索フォーム

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。