乱雑読書メモ+散歩+なんか

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内

『人工心臓』

久しぶりに読んだが面白かったなー。
短編15、エッセイ、犯罪実話9。
既読もいくつかあったが好きだな。

医学的な話も急に怪しげな話になって楽しい!
妙にリアリティがあってブラックな感覚。
ちょっと笑ってしまうような話もあり堅い先生がすましている感じでいい。
グロい話もさらりさらりと書かれていてモダンな印象。

お気に入り
「恋愛曲線」 名作。
「メヂューサの首」妖しい復讐。 
「外務大臣の死」 この時代ならではの雰囲気。
「犬神」 笑える。
「安死術」 少年があわれ。


人工心臓(探偵クラブ)人工心臓(探偵クラブ)
(1994/09)
小酒井 不木

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Comment

No title

「人工心臓」
いかにも小酒井不木って感じのタイトルですね。
「恋愛曲線」は、
これまたタイトル、内容とも名作と思います。

面白半分さん。

タイトルで読みたい度があがりますよね。
名作揃いで堪能しました。

No title

”小酒井不木”という名前からして
いい味だしてますよね。
「安死術」が気になります。

面白半分さん。

術ですね。

本当に子供って・・・という作品でした。
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

semicolon?

Author:semicolon?
どうも。
すぐお腹壊します。

その他
楽天で探す
楽天市場
検索フォーム

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。