乱雑読書メモ+散歩+なんか

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外

『丸裸の男』

名探偵エミールの冒険 3

「丸裸の男」
策略の応酬。ハラハラして楽しい。

「モレ村の絞殺者」
宝には悲劇がつきもの。ビールが美味しそう。

「シャープペンシルの老人」
偶然モールス信号を聞きつけたエミールが国家の大事件を解決。あれよあれよという間にすごいことに。

「ミュージシャンの逮捕」
エミール開き直り過ぎじゃないか?!犯人、後手後手にまわって大変そう。

私がビールとサンドイッチを覚えたのはシムノンからだ!きっと。

バルベ犬(探偵事務所の行動部もちろん人間)の活躍が仕事人のようで格好良い。
トランスのポジションは自尊心とかどうなの?となんだかかわいそうになってきた。
眠りの小五郎は寝ているから良いけど・・・。

丸裸の男 (名探偵エミールの冒険 3)丸裸の男 (名探偵エミールの冒険 3)
(1998/10)
ジョルジュ シムノン

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Comment

No title

たのしかった「エミールの冒険」もあと一冊で終わりです。

メグレ、一日一冊読んでも二ヶ月以上かかるのか。

しかも入手が……(泣)。

ポール・ブリッツさん。

あー終わってしまう。

一日一冊は大変ですね。
読んだタイトルを覚えるだけで私には大変な作業です。
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

semicolon?

Author:semicolon?
どうも。
すぐお腹壊します。

その他
楽天で探す
楽天市場
検索フォーム

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。