乱雑読書メモ+散歩+なんか

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外

『殺す手紙』

妖しげな手紙や、死んだ妻に似た女、予想外の人物の死体とか面白い。
本能と感覚に従った主人公。

・・・が、半分くらいまでドタバタとしている割につまらん。
一夜の大冒険もなんだか、躍動感に欠けるというかいまいち乗り切れなかった。
後半のどんでん返しも微妙。

母の灰色の目がすごく良かった。
圧のある目って怖いな。
この母が好きだな。

殺す手紙〔ハヤカワ・ミステリ1840〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリー)殺す手紙〔ハヤカワ・ミステリ1840〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリー)
(2010/10/08)
ポール・アルテ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Comment

No title

やっぱりこの人は密室とか不可能犯罪とかを書いていたほうが面白いと思う今日このごろ。

というかまだこの本読んでない(汗)。

ポール・ブリッツさん。

雰囲気があっさりとしていて私好みでは有りませんでした。
母親が良かっただけにもったいない感が。
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

semicolon?

Author:semicolon?
どうも。
すぐお腹壊します。

その他
楽天で探す
楽天市場
検索フォーム

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。