乱雑読書メモ+散歩+なんか

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外

『二流小説家』

おー。
半分近くまではのんびりムードなのに急に面白い!

中年の冴えない作家ハリーが死刑囚から告白本の執筆を依頼される。
ただし条件付きで。
ビジネスパートナー女子高生クレアとのやり取りが面白い。
ハリーの小説も所々に差し込まれていて気分転換できる。

詰め込みすぎでもうお腹いっぱいだ。
最後はまだ語るのかと。
ちょっと疲れる。

私の中では薄くて軽いハヤカワポケットミステリだったのにこんなにブ厚いなんて。

二流小説家 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)二流小説家 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
(2011/03/10)
デイヴィッド・ゴードン

商品詳細を見る



スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

semicolon?

Author:semicolon?
どうも。
すぐお腹壊します。

その他
楽天で探す
楽天市場
検索フォーム

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。