乱雑読書メモ+散歩+なんか

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外

『殺しの接吻』

んー。ちょっと物足りない。
動機も捜査過程もほとんど描かれていないのでドキドキ感も強くない。

連続殺人犯と刑事の淡々としたやり取りが不思議。
犯人の変装が楽しい。

この話で一番の衝撃はとんでもない母親。
もうこの人にたいする嫌悪感がいっぱいで登場するたびにものすごく嫌な気持ちになる。

最後はスッキリしないが好きな感じ。

殺しの接吻 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)殺しの接吻 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
(2004/06/11)
ウィリアム・ゴールドマン

商品詳細を見る

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

semicolon?

Author:semicolon?
どうも。
すぐお腹壊します。

その他
楽天で探す
楽天市場
検索フォーム

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。