乱雑読書メモ+散歩+なんか

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外

『犯罪』

うむぅ~。読んだ順番が悪かったか?
面白く読めたが、「戦後短編小説再発見11 事件の真相」を読んだばかりなので綺麗すぎて。

表紙が素敵。

短編が11。
お気に入り

「タナカ氏の茶碗」
拷問も怖いが電話をかけた男の丁寧さが不気味。

「正当防衛」
ゴルゴかと。謎の男が格好良く思えてしまった。

「棘」
面白い!病んでいく様が素晴らしい。

戦後短編~の余韻が強く残っていた昭和人間の自分にはなんとも平成の作品だなーと。
清と濁。

犯罪犯罪
(2011/06/11)
フェルディナント・フォン・シーラッハ

商品詳細を見る

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

semicolon?

Author:semicolon?
どうも。
すぐお腹壊します。

その他
楽天で探す
楽天市場
検索フォーム

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。