乱雑読書メモ+散歩+なんか

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内

『連続殺人鬼カエル男』

タイトルが面白い。古屋兎丸のくまちゃんみたい。ずいぶん違ったけど。

子供が書いたような犯行声明文を残し次々に猟奇的な殺人が起こる。
サイコサスペンス?ミステリ?シリアルキラー?

いつぞや流行った猟奇殺人ものやFBI心理捜査官とか佐川君、切り裂きジャック、児童虐待本等を読みあさった私は何で今さらと。犯人も動機も展開もだいたいわかってしまい、何度か中断しながらやっとお終いまで。

終わり方が好きだったので満足した。
それにしても手が疲れた。

連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)連続殺人鬼 カエル男 (宝島社文庫)
(2011/02/04)
中山 七里

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

semicolon?

Author:semicolon?
どうも。
すぐお腹壊します。

その他
楽天で探す
楽天市場
検索フォーム

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。