乱雑読書メモ+散歩+なんか

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外

『狂人の部屋』

あー好きなタイトル!
まさかのラブストーリー始まりでニヤけてしまった。

百年前の呪いやら予言、次々に起こる怪事件が面白い。
重苦しさやドロリとした雰囲気はないのでいまいちだが謎解きがすっきりしていて良い。

棺をあけたら何がある?

やっぱり富豪と大きな屋敷と好奇心旺盛な小間使いは必須です。
もうちょっと昔っぽい雰囲気があったら最高なのに。

狂人の部屋 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1801 ツイスト博士シリーズ)狂人の部屋 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ 1801 ツイスト博士シリーズ)
(2007/06/15)
ポール・アルテ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
Comment

No title

アルテは生まれる時代と国を間違ったとしか思えません(笑)。

まあ、この人も、つまらない作品は相当につまらないですが……。

もしかしたら最近翻訳が進んでいないのも、そのせいだったりしてガクガクブルブル(^^;)

No title

あ、説明不足でした。この本は、アルテの作品の中でも面白さではベストスリーに入ります。アタリです。

ポール・ブリッツさん。

アタリですか。良かった!
フランスの小説を読んでいる気が全くしないのも良いですね。
フランス物も大好きですが・・・。

つまらないものって気になるー。
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

semicolon?

Author:semicolon?
どうも。
すぐお腹壊します。

その他
楽天で探す
楽天市場
検索フォーム

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。