乱雑読書メモ+散歩+なんか

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外

『アプルビイズ・エンド』

お初の作家さん。
むむむー。ユーモアポイントはどこじゃー?

奇妙な一族がなんやかやと。
異端キリスト教、ドストエフスキー、ティラノサウルス、競馬、人工呼吸!だなんて書いてあるから期待してたのになー。

読み返すと主人公のアプルビイ警部の鋭さにびっくり。

ワラの中はそんなに暖かいのかなー。
入ってみたい。

アプルビイズ・エンド (論創海外ミステリ)アプルビイズ・エンド (論創海外ミステリ)
(2005/09)
マイケル イネス

商品詳細を見る



スポンサーサイト
Comment

No title

マイケル・イネスは難解だ難解だと聞いていたので、数年前「ハムレット復讐せよ」を読んで大笑いするまで怖かったであります(^^)

バカバカしさの極みとしては、全編冗談かと思う「ストップ・プレス」か、アプルビイたちが絶海の孤島に流れ着いてそこで殺人事件が起きる「アララテのアプルビイ」なんかがおすすめですね。

イネスのユーモアが性に合ったのなら、もっとバカバカしいエドマンド・クリスピンの小説もいけるかもしれません(^^) 最近創元から文庫も出たし。個人的にお気に入りです。

ポール・ブリッツさん。

わたしには難解でした。
ただ、こういった奇妙な一族は好きですね。
絶海の孤島の話も気になります。

No title

キーワードなんでしょうが
「人工呼吸」
ってなんなんですか!
また、そこに期待するとは!!

面白半分さん。

わははー^^
「人工呼吸」・・・・今思い返してもこんな言葉出てきたっけ?!となります。
ティラノサウルスに人工呼吸をまっさきに思い浮かべた私はどんなミステリーが好きなのかしらん?
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

semicolon?

Author:semicolon?
どうも。
すぐお腹壊します。

その他
楽天で探す
楽天市場
検索フォーム

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。