乱雑読書メモ+散歩+なんか

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書(小説)

『鳩』

短編が9つと日記?

「墓碣市民」
引っ越してきた先の大きな男の人はー。会話が淡々としていて可笑しい。

「冥府の犬」
繋がれていないシェパード。最後はハラハラと。

「角の家」
新しい家に越してきた不思議な住人、受け入れる地元民。ズレテマスヨ。

「壁の男」
1番好き。病室の壁にかかれた男は人を呼ぶ。はっとする最後。

「鳥雲に入る」
ノスタルジィ。人は懐かしい故郷を大切にする。

「鳩」
新しい看護婦達と古い看護婦達の確執、魔女はどっちだ。

「極限の吸血鬼」
ユーモアたっぷり。吸血鬼として復活したが。問題発生。

「ヨハンの大きな時計」
おとぎ話。詩人ヨハンに送られた時計。彼は何を聴いているのかしらん。

「硝子の章」
ラムネの瓶からふらりふらりとイメージをわかせて。

スルリと異界へ誘導する展開は素晴らしい。
こういう雰囲気は大好きだな。
また、ちくまの怪奇探偵小説も読みたくなった。

鳩
(1992/04)
日影 丈吉

商品詳細を見る

 
スポンサーサイト
Comment

No title

あけましておめでとうございます。
早くも一冊読了とは、さすがです。

日影丈吉はいいですよね。とりあえず長篇は放っておいて、短篇をいろいろ試す方がおすすめです。特にちくまのやつはコスパも最高で、必携といっていいかもしれません。

あけましておめでとうございます。

創元推理文庫の『夕潮』を買いましたが味読のままです。
ここはどうも
『鳩』か”ちくま”のようですね

No title

大学のころ、友人から「絶対お前がハマる!」といわれて読んでみた日影丈吉先生の本。

ピンとこなかった……(^^;)

sugataさん。

あけましておめでとうございます。

日影丈吉いいですよね。
とても印象に残る作品が多くて。
と言ってもちくまのほとんど忘れてしまったのでそのうち読み返そうと思います。

面白半分さん。

あけましておめでとうございます。
『夕潮』以前読みましたが記憶が・・・。
ちくまのはこれ好きだー!!という思い出だけが・・・。
ドンマイ自分。

ポール・ブリッツさん。

あらら。ピンときませんでしたか!
幻想怪奇なんてポール・ブリッツさんにぴったりな気もしますが。
相性や感覚って大事ですからね。
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

semicolon?

Author:semicolon?
どうも。
すぐお腹壊します。

その他
楽天で探す
楽天市場
検索フォーム

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。