乱雑読書メモ+散歩+なんか

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書(小説)

『たまご猫』

たまご猫 (ハヤカワ文庫JA)たまご猫 (ハヤカワ文庫JA)
(1998/01)
皆川 博子

商品詳細を見る

読んでみて良かった。
短すぎず、長すぎず程よいゆらぎを感じられる。
幻想文学好きだけどなんで今までこの人のはあんまり読まなかったんだろう。

「水の館」 雰囲気がいい。
「をぐり」 ぞくり
「朱の檻」 情念が
「骨董屋」 ひんやり
他のも全部好い。

赤江瀑、渡辺啓介、中井英夫あたりが好きならはまる。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment form













管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

semicolon?

Author:semicolon?
どうも。
すぐお腹壊します。

その他
楽天で探す
楽天市場
検索フォーム

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。