乱雑読書メモ+散歩+なんか

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散歩・外出

演奏会

日本フィル定期演奏会
サントリーホールにて。

ストラヴィンスキー:交響的幻想曲《花火》
チャイコフスキー:ピアノと管弦楽のための幻想曲
         ト長調作品56
ショスタコーヴィチ:交響曲第10番ホ短調作品93
指揮:沼尻竜典
ピアノ:小川典子

「花火」5分程の曲。日本の花火のイメージではない。
あっという間に終わるのは似ているか。

チャイコフスキーの曲はこの梅雨の時期にぴったり。
まったり濃厚。
ピアノの小川氏、譜面見ないですごい!!

ショスタコーヴィチの交響曲は秘められたストーリーが興味深い。
ゆったりしたり力強くなったり。

英気を養いました。

散歩・外出

東京国立博物館

特別展「写楽」

けっこうな混雑。
順番には観られなかった。会場も2つに分かれているので空いていた後半から鑑賞。もうたっぷりと。

摺ったあとの退色の比較や、同じ芝居の同じ役者を描いた他の浮世絵師・歌川豊国、勝川春英の絵との比較もそれぞれ個性があって良かった。
声の大きなおじいが「写楽は指まですごい」「こんな指が描けるかい」といって感心していたので私もじっくりと観察。・・・足の指は長かった。

あの口元や目つきが伝染しあごをグキグキしている自分に気がつく。

特別展「手塚治虫のブッダ展」

漫画の神様が神様を描いた。

母親から生まれた時の像は結構笑える。
入滅後の仏舎利を分けた話は読んだ気がするが漫画だったのかな?
コンパクトにまとまっていて良かった。

仏像が見たくなったので法隆寺法物宝物館や表慶館にも行き足が棒のようになる。

散歩・外出

演奏会

日本フィル定期演奏会
サントリーホールにて。

バルトーク:管弦楽の為の協奏曲
リスト:ピアノ協奏曲第1番変ホ長調
コダーイ:ガランタ舞曲
リスト:交響詩《レ・プレリュード(前奏曲)》
指揮:小林研一郎
ピアノ:小山美稚恵

ピアノの演奏がとても良かった。
見ているこちらの息が詰まる程の指の動き!すごいなー。

ガランタ舞曲は楽しい曲。なんとなく物語が浮かび空想で砂漠を歩いていた。
やはりこういうのが音楽を聴く楽しみだなと。

曲数が多くていい反面、譜面や椅子の配置換えや結構長めの拍手、で待つのが苦手な私は・・・。
小林氏は歩くのも早いし、素早く演奏を始めるので好印象。

今日はあまりの眠さに記憶が飛びまくり、無人の路地で電柱に自転車で激突したり、定食頼んだのに明太子だけで食事をすませたりしてで、良く時間通りにたどり着けたと思う。まだ眠い。

散歩・外出

散歩

やっと晴れたので散歩。しかも午前と午後に。
住宅街の隙間にあるベンチ1つしかないような2~3坪の公園みたいな空間を4、5カ所発見。
妙な空間だ。座ってみたが本に集中できない。落ちつかず区画整理の名残と受け止める。
客観的な不審人物感が気になる。

図書館があったので入ってみたら異常な臭いに匆々と退散。さすがご老人の街。
せっかく広い閲覧・自習スペースがあるのに残念だ。

たいやきと大福とお茶で昼食をすませ神社参り。
人体冷凍会社の本を読みながらなんだが人類の幸せを願う。

武蔵野台地の起伏が身にしみるへとへと散歩になりました。



散歩・外出

演奏会

日本フィル定期演奏会。
サントリーホールにて。

マーラー:花の章
モーツァルト:クラリネット協奏曲 イ長調
マーラー:交響曲第4番 ト長調
指揮:山田和樹
ソプラノ:市原愛
クラリネット:伊藤寛隆

本日は指揮者と曲も変更。

指揮者の山田氏はドイツから駆けつけてくれたそう。
とても上品な感じ。

弦楽器よりも管楽器が好きな私は気分よく音楽に浸った。
本当に良かったなー。

残念だったのはソプラノ。
こちらのせいだが席がオーケストラの後ろだからあまり聞こえない。
やっぱり前で聞きたかったー。

良い時間が過ごせました。

プロフィール

semicolon?

Author:semicolon?
どうも。
すぐお腹壊します。

その他
楽天で探す
楽天市場
検索フォーム

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。